画を探して

始めたばかり。ブログタイトルが決まらないので(仮)です。しばらくは、過去の思い出を記事にしていきます。

道半ば、吹雪で撤退~岩木山

20170318_iwakiyama (4)

道半ば、吹雪で撤退

2017.3.18 岩木山

冬の八甲田山に行ってみたい、その気持ちが抑えられず、遥々青森まで行ってきました。深夜バスで弘前に到着し、まずは初日、津軽富士といわれる岩木山へ。バスを乗り換えて嶽温泉へ向かうと、近づいてくる岩木山が壮大・・・!。それまで八甲田山のことばかり考えていたのですが、車内から見える岩木山の威容に強く心が惹かれたのを覚えています。

さて予想通りの深い雪。初めて用意してきたワカンの装着にちょっと手間取りながら登山開始。幸いトレースがあったので、それをゆっくり追って進みました。ほかの人の姿なんてまったく無し。ただ進むにつれて山頂方面はどんどん雲が掛かり、本当にこのまま進んで大丈夫なのか不安に...。たまに後ろを振り返ると晴れ間はあるのですが。

トレースを追って八合目駐車場まで来ましたが、風が強くなるエリアで、少しずつ分かりづらくなって。雪がちらつきはじめる中、リフト乗り場まで進んでちょっと休憩。すると一気に風も雪も強まり、急激に視界が悪くなって。数メートル先までしか見えなくなりました。

行くか、帰るか。

後ろを振り返ると、5歩前の自分の足跡が、暴雪ですぐに消えていきました。それでやっと踏ん切りがついて、山を下り始めました。

嶽温泉~八合目駐車場・リフト乗り場~(敗退)~嶽温泉 

20170318_iwakiyama (1)

20170318_iwakiyama (2)

20170318_iwakiyama (3)

20170318_iwakiyama (5)

20170318_iwakiyama (6)

リフト乗り場から進路を見上げて。このあと一気に吹雪かれ、撤退。

20170318_iwakiyama (7)

樹林帯まで駆け下りてやっと一息、の一枚です。

20170318_iwakiyama (8)

20170318_iwakiyama (9)

20170318_iwakiyama (10)

帰り道、晴れ間が差すたびに後ろ髪を何度も引かれました。

これが自分の初めての撤退経験。もっと早く登れていれば・・という悔しさ、少し待てば行けるんじゃないかという誘惑。いろいろな気持ちが交錯しましたが、初めての土地、まだまだ浅い雪山経験、自分を省みて撤退を判断するのも経験だと思って下ったのを覚えています。

弘前の街に戻って、弘前公園から見た岩木山が最後の一枚。

また来ればいい、そう思い、次の日に向けて青森行の電車に乗り込みました。