画を探して

ブログタイトルが決まらないので(仮)のつもりでしたが、そのままこのタイトルになりそうです。

登山

初冬に残る、名残惜しい秋の色~高尾山

お昼頃からのんびり歩きたくなり、高尾山に行ってきました。もう紅葉は終わっていると思たのですが、金比羅台のあたりはちょうど盛り。楽しめたような、ちょっと名残惜しいような気分となりました。

甲斐の猿橋、秋の扇百蔵

初めての扇・百蔵だったので、猿橋駅~鳥沢駅の周回とし、紅葉の猿橋を散策してみました。渓谷に朝日が差し込んで素敵ですね。

ぐるりと周る昇仙峡・羅漢寺山

山道を歩きたいという友人達をお連れして、紅葉にはちょっと早い昇仙峡を周回してみました。混雑が心配で、到着早々、ロープウェイからスタート。冷え込む予想で心配だったのですが、お天気良く、陽気と展望の中を旅してきました。 ただ白砂の山々でのんびり…

段々と染まる滝を眺めて~西沢渓谷

今年は紅葉の進みが遅く、見頃には少し早そうでしたが、西沢渓谷をのんびりと周遊してきました。事前の下調べで、台風の影響で増水している箇所が多いと聞いて、不安を抱えたまま出発したのですが、そのほとんどを地元の方々が整備して下さっており、危なげ…

源流辿って秋進みゆく~笠取山

秋の鳥甲山&秋山郷を楽しみにしていたのですが、この週もお天気に恵まれず、代替案の笠取山に行くことに。と思いきや、前夜になってから、作場平までの林道が台風の影響で通行止めになっていることに気づきました。

天馬尾根の秋色~栗駒山

ずっと楽しみにしていた妙高・火打の天気が思わしくなく、秋色を求めて栗駒山まで行ってきました。 早朝まで雨が止まず、登り始めて空が見えたと思いきや、ガスに包まれたり、雨に降られたりと難しいお天気。 東栗駒から頂上方向は紅葉が終わりかけていまし…

晩夏を乗り越えて~八海山

台風の迫る頃、 ・・・。いつも台風迫る頃に山にいますね・・・。それはさておき、台風が迫ってくるなら、来ないトコまで登りに行けば良いんじゃないかと誰が言い出したのか、新潟は八海山へ行ってきました。ただ新潟は朝から酷暑の模様で、中々ハードな一日…

夏、後立山連峰~爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳②

2日目、夜明け前。外に出たら濃いガスが立ち込めていて、岩もかなり濡れている状況。暗いまま進むのもちょっと危なそうですが、扇沢までのバスの都合上、あまり遅くなるのもまずい。そこで夜が白くなるのを少し待って、五竜に向けて慎重に行動開始です。

夏、後立山連峰~爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳①

台風が迫るお盆真っ只中、 鹿島槍・五竜を1泊2日で歩いてきました。 山頂はガスに覆われることが多かったのですが、 雲と稜線をのんびり眺めてまわれた2日間でした。

思い描いていた雲上の園~鳥海山・月山②

2日目は月山、花が綺麗なことで知られる東北の名山です。小学校の頃に湯殿山と羽黒山に登った頃があり、いつか出羽三山を巡りたいと心待ちにしていました。雪渓を楽しむなら南側の志津(姥沢)口、池塘を眺めるなら北側の羽黒山口のイメージだったので、今回は…

思い描いていた雲上の園~鳥海山・月山①

8月最初の週末、山形の鳥海山・月山に行ってきました。関東から登山口まで、車で5時間以上。その遠さと天候の難しさから、何度も行こうとしては断念していた憧れの山々です。

雲を眺めて涼む~生藤山・陣馬山

台風が迫る頃、近場で雲を眺めてのんびりしようと、山梨方面に出てみました。扇・百蔵か滝子、笹雁辺りを考えていたのですが、相模湖あたりの青空が澄んで綺麗で方針転換。行ったことのない生藤山を目指すことに。ただバスは8時過ぎ始発なので、折角早起きし…

ふらり、伊吹山

名古屋で結婚式があったので、夜な夜な車を走らせて、結婚式翌日はそのまま伊吹山に行ってきました。 頂上駐車場からゆったり一周。ちょうどガスに包まれてしまったのですが、時折、下界がすーっと透けて。普段登山をしない同行者たちも楽しめたようです。

山に行きたくて仕方がない友人と~篭ノ登山

雨模様の週末。降られず歩けそうな山域を探し、花の楽しめる池ノ平湿原に足を向けてみました。水ノ塔山からの周回も考えたのですが、降られても大丈夫なように池ノ平から往復で。

雨を楽しんで~高尾山

天気が悪い週末が続いていますが、雨ならではの景色を楽しみたいなぁと思って高尾山へ。今まであまり歩いていないコースを中心に、コースタイムの2倍くらいかけてのんびり歩きまわって、昼には帰路につきました。

風に吹かれて鎌倉古道~鎌倉天園ハイキングコース

雨上がり、風が強くて涼しそうなので、初めて鎌倉天園コースに向かってみました。下山後は長谷や北鎌倉をちょっと散策し、昼には撤収。あっつあつでした。

雪と緑、花に滴~越後駒ヶ岳

緑と雪の縞模様を楽しみに、新潟の越後駒ヶ岳に行ってきました。この時期は枝折峠から進入できないため、麓の銀山平からの往復を選択。ただ道が分かりづらく、開始早々30分以上迷って藪漕ぎすることに・・・。

じゃがまる。~本社ヶ丸・清八山

運動不足と撮影不足の解消を兼ねて、本社ヶ丸から三つ峠までのんびり歩くか、滝子山の寂悄尾根に行くか悩んでいたのですが、バドに行ったら急遽、山に連れてってもらえることになりました。 ただこの日はあっつくてあっづくて...真っ先にバテました。

令和のはじめに~聖岳

遠かった...。便ヶ島まで行けた頃と異なり、現在いける芝沢ゲートからだと、標高差2300m/28km。 計画段階では聖・光と回りたいなーなんて気楽に考えていたのですが、西沢渡まで崩落酷道だし、雪が出てきたと思ったら踏み抜き地獄。なんとか帰れましたという…

雪渓の先に~針ノ木岳

運動不足だし、ちょっとGWに向けた足慣らしをしにいこう・・って話が、どうしてこうなったんでしょう。雪崩の巣を越え、雪渓の急さに心が折れそうになり、頂上直下のトラバースが危険だったり、帰りの踏み抜き地獄に悶絶したりしましたが、この画を見れるな…

日向山と神代桜の夕暮れ

桜の咲く頃、わに塚の桜で朝を迎えてから、日向山の砂浜で残雪を眺めて、西瓜割をしていました。 下山してからは、樹齢2000年といわれる山高神代桜で夕暮れを過ごし、尾白の湯でゆったり。この地域には桜の素敵な場所が多いので、また散策に来たいです。

冬の八甲田とあたたかな想い出~八甲田山

青森2日目、八甲田山ロープウェーへ。視界は厚い霧に覆われ、強風が吹き付けている状態。前日の撤退の記憶が拭えない中、天候の回復を祈りながら、赤倉山に向かいました。幸い、昼が近付くにつれて晴れ間に恵まれ、見たかった冬の八甲田の景色と、さらさらの…

道半ば、吹雪で撤退~岩木山

冬の八甲田山に行ってみたい、その気持ちが抑えられず、遥々青森まで行ってきました。深夜バスで弘前に到着し、まずは初日、津軽富士といわれる岩木山へ。バスを乗り換えて嶽温泉へ向かうと、近づいてくる岩木山が壮大・・・!。それまで八甲田山のことばか…